震災から6ヶ月の日曜日

忘れることの出来ない天災!東日本大震災から6ヶ月が経った。今でも当時の恐怖がよみがえることもしばば、、、4わんと私は家でのんびり昼寝する4わん達そろそろ、洗濯物を取込もうと思いその前にトイレへ、午後2時46分トイレ内で緩やかな揺れを感じながらさほど気にせずにいたがだんだんと横揺れが大きくなってきたので慌てて4わんのいる部屋へ。逃げ道確保と窓を開けると幸が慌てて庭へ飛び出した。
幸ぃ~どんなに呼んでも戻らない幸。3わんを安全な場所へ、、、あっ!突然テレビが消えた。停電だった。

さぁ~そこからはパニック状態の私。大きな地震ということは理解できたが「何処で何が」何も情報を得る手段を無くし、ただただ揺れの治まるのを待つだけの時間が過ぎた。1回目の揺れから3回目の大きな揺れまで長い時間が経ったように感じるほどの長い恐怖の3月11日。

非常用ラジオや照明器具は「どこだっけ!」脚はガクガク、何も考えられない私。

携帯に着信音が鳴りようやく我に返る事が出来た。家族の安否状況が少しずつ判ってきた時は本当に嬉しかった。

深夜まで大きな余震が続き殆んど寝ることが出来なかったが深夜に電気が復帰しテレビで始めて大きな被害が東北で起きていることを知り胸が痛いほどショックを受けた。翌日からの大きな余震で「緊急地震速報」が流れると当日の恐怖が蘇って精神不安定状態が長く続いた。今でもトイレに入るのが怖くなることがある。

多くの方々が私と同様な気持ちになり今も不安を感じている人が居ると思います。
天災は小さな人間は勝てない事を知らされる大きな大きな大地震だった。
この先もどこかで大震災が起きるであろうが、心構えだけはしっかりと持ち続けなければならないと思う。

未だに4千人以上の方々の安否不明者の方々が一日でも早くご家族の方々の元へと切に願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック