皮膚疾患で悩んでる飼い主さんの多いこと

今朝も寒い中獣医さんへ行ってきました。アレルギー検査結果も聞きました。
10才過ぎのわん、甲状腺の働きが通常より低いことが判りました。
ホルモンを増すように薬が出ました。
食物アレルギー検査では乳酸製品と牛肉には「要注意」反応がでました。が、環境アレルギー検査はすべて「クリア」要注意食物を摂取しないようにすれば大丈夫のようです。

毎日でなくてもお風呂に入れ常に皮膚を清潔に保つのが一番良さそうだけれど、寒いのでどうしても「チュウチョ」していまう日々。風邪引かせるのも可哀想だし。

ネットで皮膚疾患について検索してみるとアトピーや皮膚炎で心配、悩んでいる飼い主さんの多いのに驚きました。

それに「皮膚病」にも原因が多様にあることも知ることも。全く人と変らない。
そのうちわん子も二足歩行しながらおしゃべりするようになっちゃうのかな?

華子は獣医さんから薦められた皮膚疾患「dog food」を食べ初めて3週間、かゆかゆいモードは和らいだ様子。
皮膚の赤身も治まりつつあるよう。

画像


手作り食を与えていたのでう○ちが緩くなく硬くなく丁度いいう○ちがドライフード100%でコリンコリンになってしまいました。先生相談して「アレルギーのない」野菜をフードに混ぜて与えた所とてもいいう○ちになり一安心。

今まで普通に朝ごはん、昼にはオヤツそして夕食(その間薄めた豆乳を一日3~4回)そんな毎日が一変フードとお水のみそして時々きゅうりやレタスのオヤツ。。。。。そんな毎日に付き合わされている幸とプリン・・・・気持ちスリムなったかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック