12月になりますね

昨年の暑い8月31日に愛犬ジェイが他界し、落着く間もなく華子の皮膚炎で病院を次々と替えて3件目でようやく「皮膚炎」に精通する獣医さんとめぐり会えたのが今年の6月下旬。

昨年10月から半年以上も皮膚炎に悩む日々が続き華子は激痩せしてしまった。

ここで整理しておこう。

昨年夏頃は多少痒い痒いと全身を掻いていたが大事になるほどではなかった。
しかし、中旬頃になると地肌が赤くなり炎症し始めたのでいつもの獣医さんに診てもらいいつもどおり、「ステロイド薬2週間」でた。

しかし、11月になっても中々痒みは改善されないのでセンカンドオピニオンと近くの獣医さんを尋ねた。
病因検査と言うことで色々検査をするも治療方針が決まらずに時間ばかりが過ぎた。
そんな時、動画サイトで知り合った方より「温泉の素湯浸かり」で皮膚炎が改善されて子がいる事を知る。
早速、温泉の素湯浸かり作戦開始。半月位すると華子の皮膚炎は多少改善される。

食事療法も目立った効果にはならない。その頃の私は華子には悪いんだけど「もう、死んでほしい」と一時本気で考えてしまった。困り果てていた時にたまたま近所の知人が通う獣医さんが皮膚病に詳しい事を聞き早速華子を連れ受診した。
6月28日初診した。
画像

体毛は殆んど抜け落ちバサバサの毛並み(炎症からくる微熱と体がだるそうで元気のない華子)
画像


初診から2週間は抗生物質と抗真菌薬で炎症を抑える治療をすると地肌は落着き穏やかな華子に
画像


画像


1ヶ月の観察治療の結果主病因はアトピー性皮膚炎で加齢に伴い免疫抑制の低下で皮膚免疫力が落ちて炎症が起きていることが解かった。
その後の治療は免疫抑制剤を飲むこと。だった。そしてまめのシャンプー&保湿
画像


画像


画像


始めの2週間は毎日1カプセルの投薬

次の2週間は一日おきの投薬

次の3週間は二日おきの投薬

そして現在に至る。現在は少々肌が赤くなり始め再発?かと気にかかる。
アトピーは生涯完治しないといわれる不治の病気だとか。

ここ数日観察していると
10月後半から空気の乾燥と華子のアンダーコートで地肌がジメジメしてきたのが原因のように見える。
週2回のシャンプー&保湿だけでは不十分なのかもしれない。
でも、激寒に向う冬時のシャンプーと保湿は余病を伴うので苦労しそうだな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック