保護犬舞ちゃんの一生って!

     昨年10月初旬(4日)に預かりワンとしてやって来た舞ちゃん

     4月26日に天国へ


保護主さんより預かり一ヶ月後に本飼い主さんが見付かり一安心した
ものの話をしているうちに帰すことが出来なと判断し半ば強制的に
引き取ることを承諾させて6ヶ月22日の犬生を終えてしまった舞。
画像

                    2016年10月4日撮影



精密検査の結果舞は脾臓、腎臓に病気を抱えていることがわかり
週3回の通院治療する日々、冬に向かい寒くなり通院もひと苦労
おまけに外飼い、通院歴ほとんどゼロの舞には車は大の苦手。
粗相もしばしばあ~ 苦笑
画像

                    2016年11月4日撮影



連日の通院で車酔いもクリアし時には窓越しに遠くを
眺める余裕も出てきて大好きになったようだ。
しかし、皮下点滴は好きなれないようだ。(誰だって好きじぁないけど)
治療以外は平穏な毎日が続いた12月
画像

                    2016年12月30日撮影



今年2017年を無事に迎えられた舞。
若いランにも興味があるようで舞から近寄っていく。
ランの反応は「いらっしゃ~い、、、舞お姉さまおまちしてましたぁ」
「お相手、、、申します」こんな会話が聞こえてきそう
画像

                    2017年1月2日撮影

穏やかで寒い冬も順調に過ぎていくかと思った下旬(27日)
普段は硬便の舞が珍しく軟便をした。
念のために獣医さんで診て貰うと細菌性の軟便ということで数日分の薬を飲ませる。
軟便も落着き一安心して翌朝起きると舞の後ろ脚が麻痺して歩行出来なくなった。
診察の結果もともと腰椎が弱っていていずれ歩行出来なくなる可能性がある
も知れないと昨年助言を受けていたことが現実になってしまった。
脊髄と腰椎への脳の伝達障害だ。今後は認知症も進んでくると、、、涙
左後ろ脚に麻痺が出ましたが3本脚でヨチヨチと歩く舞
画像

                    2017年1月31日撮影


2月入り変わらず通院が続くが毎月の採血検査で腎臓機能の悪化がじわじわと進んでいることが
わかる。そんな頑張り屋の舞ちゃんは日々平穏に過ごしてます。
自分から歩くことは少なりましたがそれでも時折,手助けして歩き出すとクルクル同じ場所を目が
回る速さで歩き出します。この頃から認知症の症状が出始めてきました。
朝昼逆転して昼はグーグー寝て夜歩き出す事もしばしば、、、哀
救われるのは夜鳴きしないのが助かりますがやはり介護人の私は寝不足スタートしました。
画像

                    2017年2月28日撮影


3月になりました。寒かったり暖かったりの3月ですが元気な舞。
腎臓缶食にも慣れて美味しそうに食べてくれています。
しかし、体重は現状維持の5,75kg前後 体重が増えないのは腎臓が悪化している証拠だ。
でも、現状維持でも元気ならOKだね。舞
画像

                    2017年3月23日撮影

画像
  
                    2017年3月26日撮影

3月下旬(30日)になると寝ていることが多くなってくる。
画像

                    2017年3月30日撮影

4月に入り頻繁に獣医さんで診察して頂く回数が増えた。時に夜間の受診も、、、
暖かで気分の良いときには甘えるような眼差しで私を見てくれます。
画像

                    2017年4月11日撮影
       
4月20日過ぎると日に日に体重も減りはじめた。5.75kg~5.65~5.3kgへと減りだした
画像

                    2017年4月12日撮影

受診すると尿毒症末期症状とのこと

4月25日の深夜から排便(粘便)朝方まで続き4月26日早朝オムツ交換時に血便が出ていた。
ぐったりとしていて意識ももうろうとしている様子。
あ~あ~とうとうお別れの時と察した。
獣医さんで診察して頂くとやはり終焉(しゅうえん)の時がきたと告げられる。
4月26日午前9時45分
痛みが残らないようにと鎮静剤を投与中に永遠の旅路へと旅経って逝きました。
唯一救われたのは前日25日の朝夕の腎臓食は完食したことです。涙
最期となった夕食は待ちきれないかったようで大きな声で呼ぶ鳴き声が今でも耳から離れません。
画像

                    2017年4月26日撮影

そして、荼毘に附す当日最後のお別れです。
6ヶ月と22日の身近なわが子でしたが
大きな痛みを感じさせないようにと頑張った舞は永遠に家の子ですから
画像

                     2017年4月27日撮影

短かった舞と華子とランとの3ワン生活、、、嬉しい思い出が又一つ増えました。


  心から   舞   ありがとう  また  いつか  逢おうね  約束  だよ


舞との短い時間の中にもたくさんの思い出が詰まった6ヶ月と22日間でした。



最後に4つ足の家族を迎えている方、迎えようと考えている方々へお願い

若くて可愛い時期は犬猫は非常に短いです。2年、3年が経つと立派な成犬と

なり10才前後を迎え頃から徐々にシニア犬(老い)が始まります。

定期ワクチン、フェラリア予防だけでなく1年に1~2回の健康チェックを

是非受けて下さい。

そして、愛犬を終生の家族として見届けて下さい。

決して途中で放棄するような事情や環境に今あるの方々はクリアしてからでも

遅くありません。

責任をもって飼える!と気持ちの余裕、自信がついた時に家族で話し合って

4本足の家族を迎える相談をして全員納得してから迎えて下さい。






   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック